トップページ
買い物カゴの中
送料・お支払い
会社概要
仏壇
モダン仏壇 上置型
モダン仏壇 床置型
唐木仏壇 床置型
唐木仏壇 上置型
金仏壇 上置型
金仏壇 床置型
↓神棚
三社型 神棚 極上品
三社型 神棚 上級品
三社型 神棚 東濃桧製
一社型 神棚 極上品
一社型 神棚
高さの低い 神棚
ガラス宮(ケース入神棚)
ガラス宮用 外箱 
箱宮(前面扉箱型神棚)
えびす宮など
神具
古仏壇の処分
仏壇修理
仏間の作り方・設置・方角
唐木仏壇の材質
唐木仏壇の各部名称
仏壇・仏具のお手入れ方法
お彼岸とは?
神棚の設置・方角
FAXで簡単注文
FAXで簡単お問い合わせ
豊橋市御寺院
楽天市場のページへジャンプします
楽天市場にも出店しています
お仏壇について

たくさんある日本生まれの宗派

2千5百年前、釈迦の誕生によってインドで生まれた仏教は、538年に中国から日本に伝えられました。その後末法思想によって社会が不安で満たされた平安時代末期に、法然による浄土宗、道元の曹洞宗、日蓮の日蓮宗、…などが次々と誕生しています。

お仏壇は、必要なもの?

お仏壇、古いお家なら昔から代々受け継がれてきたものがありますが、若い家族にはお仏壇のないお家も少なくありません。
 結婚前は実家のお仏壇に手を合わせていた人も新しい家庭ではお仏壇がないために手を合わせる習慣がなくなった、というケースも多いのではないでしょうか?
 お仏壇は、身近であった亡き人と向かい合わせてくれるものといえます。お仏壇は、心安らかに手を合わせる時間を持ち、次の世代に伝えていく…。そのための心のよりどころとして大切なものです。

新家とお仏壇

 現代では、お仏壇のない家というのはけっこう多いと思うのですが、その理由としてよく耳にするのは、「私の家にはまだ仏さま(故人)がないのでお仏壇は要りません」「私は分家だからいいんですよ」「家が狭くて仏壇なんか置くところがないから」等々といった理由です。このうち明らかな誤解であるものについて少し考えてみたいと思います。
字引をひきますと、お仏壇とは「仏像・位牌を安置し、礼拝するための檀、厨子(ずし)」と書かれていますが、お仏壇について一番多い誤解は「仏壇とは仏さま(故人)をまつるところだから、亡くなった人がまだいない家にはお仏壇は要らない」という考え方です。もちろんお仏壇には故人をお位牌としておまつりしますが、大切なのは、お仏壇とはまず第一に、仏像(ご本尊)を安置するところだということです。
ですから、仏さま(故人)の有る無しにかかわらず、お仏壇はまつるべきであり、まつってもいいんだということです。
つまり、帰依の対象であり、信仰の中心として最も大切な、私たちを導き守ってくれるご本尊さまをまつることが、家にお仏壇をまつることの第一の意義なのです。  次に多いのは、「自分は分家の初代であって、先祖は本家が大切に守っているんだから、自分には仏壇は要らない」という考え方です。これも間違った考え方です。先祖というものは、本家だけの先祖ではなく、分家初代にとっても大切な先祖のはずです。ですから分家として独立をしたら、分家として先祖をまつっていくということが大切なのです。
先祖があってこそ、自分がこの世に生をうけているわけですから、あなたまかせではなく、自分自身で先祖を大切にしていくということがなければ、分家の存在は先祖を抜きにした存在となってしまいます。
ですから、たとえ仏さま(故人)がなくても、また分家であっても、仏教徒であればお仏壇をおまつりし、ご本尊とご先祖のお位牌をおまつりするのが本義なのです。

お仏壇は、必要と思ったときに購入しましょう。

 一般的には、お盆前やお彼岸、忌明けや、一周忌、三回忌、・・・などの法要にあわせて購入するケースが多く見られます。しかし、「この時期でないと・・・」という訳ではありません。新築の時、お仏壇が古くなってしまったので、という場合でも当然買い換えされる時期の目安となっています。つまり、「必要と思った時」が、最も良い購入の時期なのです。

仏壇、仏具は、宗派によって違います。

「仏壇や仏具を選ぶのに宗派は関係あるんですか?」…
初めてお仏壇を購入される場合の当然の疑問です。その場合はまず、宗派を確認して下さい。宗派によって、様式の違う物もあるからです。お世話になっているご住職に聞かれるのも良いでしょう。 購入される方の趣向やご予算、また、お仏壇をお祀りする場所などの関係で、正規の仏壇仏具を揃えることができない場合も多く見られます。
 現在では、どの宗派でも使える”八宗用”の仏壇仏具が主流となっております。

お仏壇の種類

お仏壇には、金箔・金粉で装飾されている金仏壇と、黒檀・紫檀等の木を貼りあわせ木目の美しさを見せる唐木仏壇に大別されます。
  ● 金仏壇・・・・・主に浄土真宗ですが、浄土宗禅宗用の金仏壇もございます。
  ● 唐木仏壇・・・八宗用として浄土真宗を含むすべての宗派 。
  (他に家具調仏壇・屋久杉、桑などを使った和木仏壇もありますが唐木仏壇同様八宗用です。)
仏間の設置について

 大家族から核家族化が進み、住いの形式や住宅設計の事情も移り変わる今日、お仏壇をご購入されても安置場所に苦慮することがございます。
 本来お仏壇は、新しく家を建築された時にご購入されるのが望ましいのですが、ご家庭のご不幸や法事などの時にお仏壇を購入せねばならないことに始めて気づくことが多いと思われます。押入れを改装したり、柱の移動等、良く設計されたお部屋の美観を損なう場合が大変多いことです。
 お仏間は、本来一つの独立した部屋を以って仏間とされていましたが、近年では、どの家庭におかれましてもお仏壇安置される様になり、住宅状況、生活様式等の変化により、床の間のある部屋、床脇に仏間として設計されるのが通例となってまいりました。
新築、増築で仏間を設けられる際には、下記の内容を、ご参考にしていただいてはいかがかと思います。

仏間設置の場所

 お住いの間取りによって、最適の場所は異なります。風通しがよく、湿気が少なく、かつ直射日光が当たらない場所で次のような条件を考慮される事をお勧めします。
 【おちついて礼拝できる場所】
 人の出入りでざわついたりしない場所であること。
 【お給仕に便利で礼拝し易い場所】
 日常の生活空間とかけはなれた場所では、日々の礼拝、お給仕がおっくうになりかねません。

仏間の方向

この方向が良いとか悪いとか、いろいろな説がございます。
住宅事情により必ずしも、この方向でなければならない、ということはないと思います。要は祀る心が大切です。
お仏壇の方向について、いわれがあると思われる説をご参考までに掲げます。

【南面北座説】

御本尊を南向きに安置し、北向きに礼拝する。北半球では南が明るい方向で、「君子南面ス」という言葉があるように南に向かって座るのが上座とされています。従って、お仏間を南向きに設けます。

【西方浄土説】

仏間を東向けに設け、西向きに合掌、御本尊を礼拝すると同時に西方浄土を拝む形をとります

【本山説】

御本尊に向かって合掌するとともに、御本山を礼拝するように仏間を設けます。本山との位置関係で方向が変わります。

仏間の基本的な考え方

仏間を設計される場合、造付けの地袋を付けますと収納の点では便利なのですが、実際にお給仕をする場合、高さの関係で、あまり祀りやすいとは言えません。まだ仏壇のないご家庭の場合、造付けの地袋を設けられる事がありますが、私の経験では付けないほうが良いと思います。
多くの場合、仏壇を安置する様になって、造付けらている地袋を取りのぞく事があり、柱のキズが目立って、お座敷の美観を損なう事が多いようです。
上置型仏壇の場合は、仏壇用置台を置かれると良いでしょう。
仏間の上には、室や廊下等が無い方が良いのですが、設計上いたしかたない場合は、仏間の上階には不浄なものを置いたり、人が出来るだけ乗らない様な配置を心掛ける必要があります。 また、そのような場合「天」とか、「雲」と墨書きされた紙を天井に張ると良いと言われます。

法事などの多くの人が集まる事が多々ありますので、お仏間のある室には続き間を計画されると良いでしょう。
仏間の上部は、天袋や、クーラー等を設置しない方が良いでしょう。
仏間の開口の高さは、一般的にその部屋の鴨居高さを採用します。
しかし、背の高いお仏壇(外巾が90センチ以上の場合)や框を付け床を9〜15センチ上げた場合は、特にお仏壇の高さに注意が必要です。特に名古屋型仏壇の場合は、高さが2メートル以上になる場合もあります。
鉄筋コンクリート造や、鉄骨造のように柱の出る構造の場合、柱の出る位置には、仏間を計画しないようにして下さい。又、梁型の高さにも注意が必要です。
仏間用コンセントは、上部に取付ける方が、お仏壇の電気配線のためのコードが目立ちません。
(側面に余裕がある場合には下部でも良いでしょう。)
又、必ずスイッチ回路を設け、スイッチの位置は仏間の近くにする方が便利です。
仏間の奥行は、経机を置く広さも考えて出来るかぎり、深く取る様にして下さい(90p以上が望ましい)。
設計の時に、お仏壇の寸法や、安置方法についてご相談いただければ幸いです。
仏間詳細図