トップページ
買い物カゴの中
送料・お支払い
会社概要
仏壇
モダン仏壇 上置型
モダン仏壇 床置型
唐木仏壇 床置型
唐木仏壇 上置型
金仏壇 上置型
金仏壇 床置型
↓神棚
三社型 神棚 極上品
三社型 神棚 上級品
三社型 神棚 東濃桧製
一社型 神棚 極上品
一社型 神棚
高さの低い 神棚
ガラス宮(ケース入神棚)
ガラス宮用 外箱 
箱宮(前面扉箱型神棚)
えびす宮など
神具
古仏壇の処分
仏壇修理
仏間の作り方・設置・方角
唐木仏壇の材質
唐木仏壇の各部名称
仏壇・仏具のお手入れ方法
お彼岸とは?
神棚の設置・方角
FAXで簡単注文
FAXで簡単お問い合わせ
豊橋市御寺院
楽天市場のページへジャンプします
楽天市場にも出店しています
古仏壇の処分について
 新しい仏壇に買い換える時や、仏壇をまつる事ができなくなった場合など今までお祀りされてきた仏壇を処分しなくてはならないときがあります。そんな時にどのようにして処分すればよいかについてお話します。

 お仏壇の処分については、今までご本尊、お位牌を大切にお祀りしていた仏壇ですので、処分する際には、丁寧に供養してから処分していただくことが大切です。

法要の時のように、お供え、お飾りをしていただいたお仏壇を、お寺様に「お魂抜き」のお経をあげていただくと良いと思います。

 一般的に仏壇(特に仏像や、位牌を替える時には必用)を買い替える時に、「お魂抜き」「お魂入れ」と言われるお経を読経していただきます。
このお経は、古い仏壇から新しい仏壇に、魂を入れ替えると言われます。
菩提寺がお近くでしたら、ご住職様にお願いいただくと良いと思います。

遠方で来ていただくのが困難な場合は、菩提寺のご住職様でなくても、他のご寺院様でもお魂抜きのお経をお願いすれば、引き受けていただけると思います。
 (宗派が異なる場合でも、ほとんど引き受けていただけるようです)
どうしても難しい場合は、弊店で引き取り後、弊店側でお寺様にお願いして魂抜きをさせていただく場合もあります。

 この「お魂抜き」「お魂入れ」のお経についてですが、本来は「ご本尊」の魂を抜いたり、入れたりすると言う意味があり、お寺様によってはご本尊、位牌を替えない場合は、「お魂抜き」は必要ないといわれる場合もあります。
ですが、気持ち的にはお経をあげていただいてから、処分したいというお客様が多くほとんどは、お経をあげていただきます。 

 また、「お魂抜き」「お魂入れ」の手順としては、まず先に、「お魂抜き」をされて、仏壇設置後日を改めて「お魂入れ」される場合もありますが、先に新規の仏壇を設置しておいて同時に行われますと良いと思います。(御住職様におたづねください。)

尚、お魂入れ、お魂抜きの際は、法要の時と同じように古いお仏壇と、新しい仏壇の両方に、佛飯(真宗以外は霊具膳)、お花、お供物、をお飾りし、ご家族やご親族にお集まりいただき、読経していただきます。

ご住職様へのお礼の表書きは、『御布施』でも結構ですが、お仏壇を新しくする事は、お祝い事になりますので、紅白の水引きで『開眼供養御礼』『入佛慶讚御礼』『御移従御礼』など、とされると良いでしょう。

■お経を上げて頂いた後でしたら、庭先などでご自分で焼却していただいても結構ですし、弊店でお焚き上げ(焼却)も無料で承ります。


 ハセガワ仏壇(通信販売)で、お仏壇を新規にご購入されたお客様には、「お魂抜き」の後、弊店にお送り頂ければ、無料でお引取り致します。
お引取り後は弊店にて、焚き上げ(焼却)させていただきます。
※弊店宛にお送りいただく際の送料は、お客様負担とさせていただいております。
※実店舗で新規仏壇お求めの場合は、ご購入いただきました仏壇と同等サイズの仏壇の場合は無料で処分いたします。詳しくは店頭でお問い合わせください。