| 会員ログイン | 新規会員登録はこちら | メルマガ登録 | 商品検索 | 商品一覧 | 御支払方法| 会社概要 |

金具、合板を使わない総桧(ひのき)造りの神棚。
縦桟と横桟を組み合わせた唐戸(寺社建築に用いられる開き戸の扉)で
鎌倉時代に宋から伝来したといわる)仕様の正面扉。
金具を使う神棚とは一味違う上品さがあります。
桧は一般建築に使われる民材(樹齢60~70年)で、木曽檜材と比べると
木目は粗いが縦桟横桟で木目が隠れるので、木目の粗さを目立たなくします。
洋室に設置されても悪くないと思います。
欄干のギボシもひのき製になります。
古くなり焼却する際にも、プラスチックや合板を使っていないので
有毒なガスを発生しない環境にも優しい神棚です。

商品コード:kmd420051b
「低屋根唐戸三社(中)」神棚【高36】_

サイズ・特徴
家庭用三社造りの神棚としては中型の品で、
6畳から8畳ほどの部屋向けです。
一般的には一番多く使われるサイズです。
また、高さを低く作ってあるので天井までの
高さが低い場所に向いています。
外寸の高さは低くても「底抜き加工」や
「裏屋根外し加工」により本社に29センチ
まで、末社に23センチまでのお札を
納めることができます。

材質  ひのき 無垢材
 民材(樹齢約60~70年)
外寸  高360×巾640×奥210ミリ
内寸 本社: 高290(底板まで240ミリ)
巾140 奥60ミリ
長さ290ミリ厚さ22ミリの木札を納める事ができます
末社: 高230(底板まで180ミリ)
巾110 奥40ミリ
長さ230ミリ厚さ22ミリの木札を納める事ができます
特殊
加工
・裏屋根外し加工
・底抜き加工
備考 手作りの為サイズ、仕様が多少異なる場合があります。
木目、色は製作時により異なります。
画像クリックすると詳細画像を御覧いただけます

販売価格 (税込) 16,300円
当店ポイント453P進呈
返品についてはこちら>>
アイテムイメージ